忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



五月病とは、抑うつや無気力、不安感、仕事が思うようにできない焦りなどが特徴的な病気です。
病気の主訴としては、不眠や疲労感、やる気が出ない。仕事に行くのが嫌だ・・・などです。


満開の桜の木の下で幸せそうに写真を撮る人がいる一方で、新社会人の一部には、新年度の新しい環境への期待と不安があり、意気込みは大きいものの、その環境に適応できないで悩んでいる人がいる。

ゴールデンウィーク明けの5月にこの症状が表面化するために5月病と言われる。うつ病です。

医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されます。

最近まで専門学校に居て、春休みを満喫していた歯科衛生士学校の卒業生、新歯科衛生士も五月病によくかかる。

しかし、本人は病気にかかっている。精神病であるという認識はない。「院長、相談があるんです・・・実は、このように悩んでいて・・・私の理想はこうなのに・・・職場で活躍できていないのが、みんなの足手まといみたいで・・・」と相談してきます。そのまま自主退職となれば、この不景気の時代、ニートになる可能性が高い。

「心療内科」の受診が正しいのですが、何もしないでいると引きこもり、ニートになってしまいます。病気を治して社会に復帰して欲しいものです。

病気になる人は気の毒ですが、その人が悪いからではない。
だれがなるかはわからない。

社会には弱い人や強い人、権力のある人ない人。いろいろな人がいる。
みんなで少しずつでも弱い人を助けながら生きていければいいと思う。

拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








人が人を支えるのが社会です。
HN:
チコ
性別:
女性
職業:
医療機関勤務
自己紹介:
茨城県には、筑波大学医学部がありますが、ほかに医科大学はありません。医師不足が深刻です。逆に歯科医院は飽和状態です。失策ともいえる医療業界で頑張ります。
日々、感じたことを記していきます。
☆おすすめの本☆ オールオンフォーインプラントの本
茨城県インプラント治療情報ネット
ホームページやブログの情報に惑わされないで、本や新聞なども読んで自分で判断したいものです。最近の歯医者ってどう?
きれいな歯でいたい!インプラントのススメ
各、都道府県の気になるブログたちです。医療従事者や歯科医療に興味のある人たちのはいろいろな考えがありますね。表現の自由ですからOKですね。 インプラントのこともっと知りたい!
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31