忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お金を払わない患者さんって結構多いのですが、今回は確信犯のケースを紹介いたします。
その人は、年配の女性です。
予約制の医療機関に予約をしないでやってきて、そこにいたドクターに主訴を訴え、患部を見せて、説明を受けました。
ドクターは、他の男性の患者さんの対応中だったのですが、男性患者とドクターの間に入り込み、ドクターに質問を続けます。

ドクターも男性患者も医療スタッフも困惑しました。しかし、女性は続けます。名前も名乗らず、保険証も出さずに今度は持病の薬を出してアドバイスを求めます。

ドクターが驚くような重大な副作用のある薬でしたので、ドクターは驚き、安易にこのような薬を飲み、重大な副作用についての認識がないために驚いたドクターは、説明をしました。

一ヶ月前から予約してそこにいた男性患者に申し訳ないと思いながらも、無知から健康を害することを防ごうと具体的なアドバイスや、今後の治療の流れなどの説明をしました。

女性患者は、説明が聞けて良かったと大喜びしていました。困った方です。予約を取って改めて来るように言ったのですが、十分な説明が聞けた。良かった。良かったと帰ろうとしました。

ドクターは、診察して説明を下のだから初診料を払うようにと言ったのですが、保険証も出さずに帰ってしまいました。

医療機関を受診して診察料を払わない患者。身分証明書、保険証を出していないから逃げたもの勝ちということなのでしょうか?
お金を払わないために身分を隠したのか?
医療機関に言いがかりをつけて騒ぐという患者でなくてもこれもモンスターペイシェントですね。

巧みにお金を払わないということはお金を盗むと同じ事。悲しいこと。悲しい人。

保険証も出さずに、名前も名乗らず、

拍手[0回]

PR


インプラントにCTは必要か?
今、日本の歯科医師が歯科医院で購入した歯科用CTを撮影しまくっているという疑惑が指摘されている。

CTのローン返済のためか?
何のためか?

X線の被ばくを考えれば、撮らなくてもいいケースです。
悪びれもなくこう言っていた歯科医師がいました。

「すべての初診の患者に撮っているよ!だって、普通のレントゲンではわからない何かが見つかるかも知れないでしょ。」「歯根の根管の形までわかるんだよ。すごいでしょ!!」

必要なら撮る、疾患があったら撮る。疾患の疑いが強く、さらに詳細な情報が欲しい時のみに撮るのが本来です。

「健康な人も含めて、全員に撮影し被ばくさせる」のは言語道断。

「CTは、保険が利かないから、自由診療で〇〇円頂きます。」
といいたいために撮影するのでしょうか?
高額なCT機器を売る業者は、「1回〇〇円いただけば、毎月〇〇回撮影すれば元が取れますよ・・」なんて営業トークをしていないことを信じたいのですが・・・


ちなみに、CTの普及率は日本は、世界一です。アメリカ合集国のCT数よりも多くを持っています。
世界の半分のCTが日本にあると聞いたことがあります。(未確認)

ALARAの原則というのがあります。

簡単に言うと 「達成しうる限り、できるだけ少ない被爆線量で撮像が要求される。」という原則です。

万が一、歯科医院経営利益のためにCTを撮影している歯科医師がいるとすれば言語道断です。











拍手[1回]



最近、抜歯の前に自己血輸血の採血の実施予定確認されなかったと患者が、歯科医師の責任を問うという事例があります。

本当に歯科医師だけが悪いのでしょうか?

その患者は、手術の1週間前に自己血輸血のため採血を予定していたとのこと。
しかし、患者は自己血輸血の採血の前日に歯科口腔外科を受診し、抜歯をした。

「抜歯をすると自己血輸血の適応とならないことも認識していなかった。」
「抜歯前に自己血輸血の採血の実施予定を聞かなかった」
として、歯科医師の責任があるとされましたが、

本当にそうなのでしょうか?歯科医師だけが悪いの?


抜歯をしたため、翌日の自己血輸血の採血ができず、自己血輸血が不
可能となったとのこと。

改めて、採血し、手術日を延ばすことをすればよかったのに、それをしなかった。その後、その患者は歯科医師に責任があると主張した。

果たして、世界中の歯科医師は、抜歯前に「自己血輸血の採血の実施予定がありますか?」と聞いているか?

ありえませんよねぇ。

これで訴えられるから、医師不足になるのでしょうか?

どう思います?

拍手[0回]



人が人を支えるのが社会です。
HN:
チコ
性別:
女性
職業:
医療機関勤務
自己紹介:
茨城県には、筑波大学医学部がありますが、ほかに医科大学はありません。医師不足が深刻です。逆に歯科医院は飽和状態です。失策ともいえる医療業界で頑張ります。
日々、感じたことを記していきます。
☆おすすめの本☆ オールオンフォーインプラントの本
茨城県インプラント治療情報ネット
ホームページやブログの情報に惑わされないで、本や新聞なども読んで自分で判断したいものです。最近の歯医者ってどう?
きれいな歯でいたい!インプラントのススメ
各、都道府県の気になるブログたちです。医療従事者や歯科医療に興味のある人たちのはいろいろな考えがありますね。表現の自由ですからOKですね。 インプラントのこともっと知りたい!
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30