忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



インプラントにCTは必要か?
今、日本の歯科医師が歯科医院で購入した歯科用CTを撮影しまくっているという疑惑が指摘されている。

CTのローン返済のためか?
何のためか?

X線の被ばくを考えれば、撮らなくてもいいケースです。
悪びれもなくこう言っていた歯科医師がいました。

「すべての初診の患者に撮っているよ!だって、普通のレントゲンではわからない何かが見つかるかも知れないでしょ。」「歯根の根管の形までわかるんだよ。すごいでしょ!!」

必要なら撮る、疾患があったら撮る。疾患の疑いが強く、さらに詳細な情報が欲しい時のみに撮るのが本来です。

「健康な人も含めて、全員に撮影し被ばくさせる」のは言語道断。

「CTは、保険が利かないから、自由診療で〇〇円頂きます。」
といいたいために撮影するのでしょうか?
高額なCT機器を売る業者は、「1回〇〇円いただけば、毎月〇〇回撮影すれば元が取れますよ・・」なんて営業トークをしていないことを信じたいのですが・・・


ちなみに、CTの普及率は日本は、世界一です。アメリカ合集国のCT数よりも多くを持っています。
世界の半分のCTが日本にあると聞いたことがあります。(未確認)

ALARAの原則というのがあります。

簡単に言うと 「達成しうる限り、できるだけ少ない被爆線量で撮像が要求される。」という原則です。

万が一、歯科医院経営利益のためにCTを撮影している歯科医師がいるとすれば言語道断です。











拍手[1回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








人が人を支えるのが社会です。
HN:
チコ
性別:
女性
職業:
医療機関勤務
自己紹介:
茨城県には、筑波大学医学部がありますが、ほかに医科大学はありません。医師不足が深刻です。逆に歯科医院は飽和状態です。失策ともいえる医療業界で頑張ります。
日々、感じたことを記していきます。
☆おすすめの本☆ オールオンフォーインプラントの本
茨城県インプラント治療情報ネット
ホームページやブログの情報に惑わされないで、本や新聞なども読んで自分で判断したいものです。最近の歯医者ってどう?
きれいな歯でいたい!インプラントのススメ
各、都道府県の気になるブログたちです。医療従事者や歯科医療に興味のある人たちのはいろいろな考えがありますね。表現の自由ですからOKですね。 インプラントのこともっと知りたい!
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31